これを聞けば間違いない!back numberのおすすめ曲・アルバムまとめ!

音楽

ドラマや映画の主題歌、各企業CMのタイアップ、武道館でのワンマンライブなど飛ぶ鳥を落とす勢いのback number

 

メディアへの露出が増えたのは2015年くらいからと実は最近の事なんですが、そこからの上昇カーブがすごいです。

 

もちろんその前からずっと良い曲歌ってました。ということで今回はデビュー当時から最新曲まで、back numberってどれから聞いたらいいの?というお悩みを解決したいと思います。

 

「back number」とは

 

back number(バックナンバー)は、日本のスリーピースロックバンドである。2004年結成。所属芸能事務所はイドエンターテインメント。所属レーベルはユニバーサルミュージック内のユニバーサルシグマ。公式ファンクラブ名は「one room」

 

結成は2004年と実は結構昔のお話。我々にはわからない下積み時代があったのでしょうか。

 

メンバーはこの3人。

 

清水依与吏(しみず いより)
1984年7月9日 生まれ、群馬県太田市出身。ボーカル、ギター担当。全楽曲の作詞、作曲を手掛ける。
小島和也(こじま かずや)
1984年5月16日 生まれ、群馬県伊勢崎市出身。ベース、コーラス担当。2005年10月加入。
栗原寿(くりはら ひさし)
1985年7月24日 生まれ、群馬県伊勢崎市出身。ドラムス担当。元メンバーの斎藤とは以前同じバンドに所属しており、2006年5月に加入した。
元メンバー

 

ボーカルの名前は「いより」と読むらしいです。珍しいですね。全曲の作詞作曲を行ってるとはすごいです。

 

ちなみにグループ名の由来は、清水さんが彼女を別の男に取られた際に、『自分は彼女にとってもはや型遅れ(back number)だと思ったから』だそうです。

 

逆境をバネに、よくぞここまでのし上がったなあ・・・!!(泣)

 

さて、それではアルバムと曲に分けて、型遅れさんによる最新の流行曲たちを紹介していきます。

 

back numberのおすすめアルバムベスト5

 

まずはこれを聞くべき!アルバムベスト3です。

 

1位『アンコール(Encore)』

 

 

2016年12月発売の、back number初のベストアルバムです。

 

その直前に発売された16thシングル「ハッピーエンド」までを収録しており、この時点でのback numberの全てが詰まっていると言っても良いでしょう。

 

今後ランキングが変動する可能性はありますが、現状は文句なしの1位。まずはこれを聞いたら良いです。

 

2位『シャンデリア』

 

 

2位は2015年12月発売の5thフルアルバム、『シャンデリア』。

 

月9の主題歌として大変話題になった「クリスマスソング」に加え、CMタイアップの「ヒロイン」「SISTER」「手紙」と、超強力なシングルを計4曲収録。

 

特に個人的に「手紙」が好き過ぎる。泣ける。

 

またシングルだけでなく、「サイレン」や「ミラーボールとシンデレラ」と言った合間のアルバム曲も良曲が多く、アルバムとしての完成度が非常に高いです。

 

3位『MAGIC』

 

 

2019年3月発売の6thアルバム、『MAGIC』

 

17thシングル『瞬き』から20thシングル『HAPPY BIRTHDAY』までの4シングルを含む、12曲を収録しています。

 

シングルはオールタイアップソング、それだけでなくアルバム曲の『あかるいよるに』もビールのCM曲に使われるなど、彼らの勢いを表しているアルバムかなと思います。

 

2020.3.25には『NO MAGIC TOUR 2019 at 大阪城ホール』のDVDがリリース予定です。


NO MAGIC TOUR 2019 at 大阪城ホール(初回限定盤)[Blu-ray]

 

4位『ラブストーリー』

 

 

4位は2014年3月発売の4thアルバム、『ラブストーリー』

 

正直3rdアルバムのbluesとかなり迷いました。アルバムとしての完成度はもしかしたらこっちの方が上かな?と。

 

それでも『ラブストーリー』を3位にした理由はこの2曲。『高嶺の花子さん』と『繋いだ手から

 

まさにback numberを象徴するこの2曲。カラオケでもめちゃめちゃ歌われます。間違いありません。

 

こいつらの存在はあまりにもでかすぎた・・・。(もちろん他にも良い曲いっぱい入ってます)

 

5位『Blues』

 

 

5位には2012年11月発売の3rdアルバム、『Blues』をチョイスしました。

 

4th〜7thまでの4シングル曲を含む、全12曲が収録されています。

 

こちらには先の『ラブストーリー』のように代表曲と呼ばれる曲は入っていないんですが、5thシングル『日曜日』や6thシングル『わたがし』など、コアなファンからも愛される良曲が多く入っています。

 

back numberのおすすめ曲ベスト10

 

続いてはシングルからアルバム曲まで、おすすめの曲ベスト10です。

1位『手紙』

 

 

2015年8月発売の15thシングル。5thアルバム『シャンデリア』に収録されています。

 

『ヒロイン』で話題になった小林武史プロデュース作品第2弾。

 

切なくなるメロディーに、家族を想う歌詞が泣けます。CM起用のドコモもナイス。

 

2位『高嶺の花子さん』

 

 

2013年6月発売の8thシングル。4thアルバム『ラブストーリー』に収録。

 

アルバム紹介でも触れましたが、back numberを第表するこの曲。

 

PVに小谷実由さんが出演したことでも話題になりました。

 

タイアップはないんですね、意外でした。カラオケランキングでもだいたい上位に入ってます。サビ難しい・・・

 

3位『繋いだ手から』

 

 

2014年3月発売の10thシングル。4thアルバム『ラブストーリー』に収録。

 

JTBのCMソング。メロディーは爽やかだけど歌詞は結構悲しかったりする。

 

『高嶺の花子さん』と同様カラオケでの人気ソングでもある。back numberの特徴としてサビの高音が出せるか?という所がある。本当高い・・・

 

4位『オールドファッション』

 

2018年11月発売の19thシングル。6thアルバム『MAGIC』に収録。

 

TBS系ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』の主題歌。戸田恵梨香とムロツヨシによる恋愛ドラマです。

 

ドラマの雰囲気と合っているし、元気になれる爽やかな曲です。

 

5位『クリスマスソング』

 

 

2015年11月発売の14thシングル。5thアルバム『シャンデリア』に収録。

 

月9ドラマ「5→9〜私に恋したお坊さん〜」の主題歌で一躍話題に。

 

石原さとみがまた可愛くて、、曲も良い場面でかかるしね。

 

タイトル通り、切なく悲しく、冬にぴったりの名曲です。

 

6位『日曜日』

 

 

2012年5月発売の5thシングル。3rdアルバム『Blues』に収録。

 

ある平凡な日曜日の様子、何気ない日常が歌詞に記されています。

 

当たり前のことが幸せに思える、ほっこりした気持ちになれる曲です。

 

7位『ヒロイン』

 

 

2015年1月発売の11thシングル。5thアルバム『シャンデリア』に収録。

 

2015年はback numberブレイクの1年でした(『シャンデリア』収録の4シングル発売は全部2015年)

 

あの小林武史をプロデューサーに迎えたこの曲、それまでも一定層のファンはいましたが、一気に全国区に押し上げた作品ですね。

 

小林武史らしさが良くも悪くも出てるというか、従来のファンからは(ほんの一部ですが)納得いかないようなコメントもあったり。

 

確かに作風が少し変わった感はありますが、名曲なのは間違いないということで第5位です。

 

8位『わたがし』

 

 

2012年7月発売の6thシングル。3rdアルバム『Blues』に収録。

 

リリース月には「COUNT DOWN TV」のオープニングソングになりました。

 

夏祭りの情景を歌った曲で、センチメンタルなメロディと歌詞のバランスがとてもいい、良曲です。

 

9位『瞬き』

 

 

2017年12月発売の17thシングル。6thアルバム『MAGIC』に収録。

 

同時期公開映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の主題歌。佐藤健&土屋太鳳のW主演で話題を呼びました。

 

ノスタルジックな曲調が、映画を見てから聴くと余計に涙を誘います。

 

10位『HAPPY BIRTHDAY』

 

 

2019年2月発売の20thシングル。6thアルバム『MAGIC』に収録。

 

TBS系ドラマ『初めて恋をした日に読む話』の主題歌です。

 

片思いの切ない気持ちが歌によく現れていて、ドラマを見ている人には共感できる曲となっています。

 

終わりに

 

「back number」のおすすめ曲・アルバムを紹介させて頂きました!

 

未だ勢いが留まるところを知らない彼らは、今後も良い曲を世に送り続けてくれることでしょう!

 

その度にまたこの記事も更新し続けていきたいと思います。

 

 

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました