スポンサーリンク

「○○さまぁ〜ず」はamazonプライムビデオで!おすすめ番組を紹介

年末のこの時期はお笑いを見る機会が多くなりますね。

キング・オブ・コントとM-1に引き続き、明日はザ・漫才があるそうで、今から楽しみです。

突然ですがお笑い番組って色々種類があると思うんですよね。例えば上に挙げた漫才やコントの番組はちゃんと見ていないと分からなくなっちゃうとか。ネタの途中から見たって面白くないし、全組見ないとどれが一番面白かったかなんて判断つかないし。

なのでそういう番組を見るときは、私は家事しながらとかケータイ弄りながらではなく、しっかり腰を据えて集中して見たいんですね。

一方で、ゆる〜いお笑い番組もあります。食事しながら、メッセージのやりとりをしながら、でも耳は聞いててたまにテレビ画面に戻って笑うみたいな。

その筆頭が「○○さまぁ〜ず」なんですよね。これはもう本当にゆる〜く見れる。

私が愛用しているamazonプライムビデオで「○○さまぁ〜ず」シリーズを見ながら何かをする、という日頃のささやかな楽しみをみなさんにも共有したい!ということで、私の大のお気に入り「○○さまぁ〜ず」シリーズを今日は紹介します。

スポンサーリンク
セントラル広告

「○○さまぁ〜ず」の魅力

今回は私がamazonプライムビデオで見ている番組だけに絞って紹介しますが、ネット配信だったり深夜枠からのスタートだったり、ゴールデンではやれないだろうなって感じの番組が多いです。
※別に下ネタ全開とかってわけではないんですけどね。たまに三村さんがセクハラするくらいで(笑)それより企画内容がこれで番組持つのかよっ、って思わず言いたくなる。そんな感じ。

で、一見番組が成立しないような企画内容でも出来ちゃうのがさまぁ〜ずの凄さと言えるんですが、それがそのまま「○○さまぁ〜ず」の魅力であると考えています。

ちなみに「○○さまぁ〜ず」は別にシリーズ化してるとか世間でこう呼ばれているとかではないです。勝手に呼んでるだけ。語尾にさまぁ〜ずが付かない番組だっていっぱいあるしね、Qさまとか。

『内村さまぁ〜ず』(2006年11月〜)

1つ目は「内村さまぁ〜ず」12年目を迎えた長寿番組です。

毎回ゲストを呼んで、そのゲストが持ち込んだ企画をゲストがMCとして仕切りながら行うという番組。内村さまぁ〜ずの3人はあーだこーだ言いながらその企画をやってるだけなんだけどこれが面白い。

内Pが終わって1年後くらいにネット配信で始まったのかな?初期は時折内Pのノリが垣間見れた記憶がある。

番組の最後はゲストの一発芸で終わるのが特徴でこれがまあまあ滑るんだけど、レッド吉田がゲストで来た時は自然と「今日のレッド」の流れになって、ウッチャンもすごい嬉しそうだった。

放送回数は300回近くを数え、全てamazonプライムビデオで配信されています。

番組内でシリーズ化してる企画もあったりするんだけど、そんなの全部見てられないって人は面白企画シリーズだけつまみ食いも有りな気がする。

ということで、すいべえの「内村さまぁ〜ず」のこれは見とけ!3選です。

大自然クイズシリーズ

内容は大自然(屋外で)ゲストがMCとなってクイズを出題し、3人が回答するというもの。誤解しないで欲しいのは別に大喜利でもなんでもない、くそまじめに答えてるだけ。言葉にするとすごいつまんなそうなんだけど、3人の手にかかるとこれがたまらなく面白い。大の大人がただクイズして楽しんでるだけなのに、なんでだろう・・・

人間ドックシリーズ

年末恒例企画、3人+ゲストの4人が下北にあるクリニックで事前に人間ドックを受診し、その結果を番組で発表していくというもの。

3人の年齢が恒例になるにつれ、出てくる病名とかマジで笑えなくなっちゃうレベルのやつになるんだけど、やっぱり3人の手にかかると不思議と笑っちゃう。この人たち番組終わってからめっちゃ落ち込んでたりしないか少し心配にもなる(笑)

ちなみにウッチャンはここでの診断をきっかけに、タバコをやめた。さまぁ〜ずの二人はやめてない。笑

あと見所は、番組に出てくるクリニックの女医さんがめちゃめちゃ美人。みんな共感出来ると思う。

木本が出てくるシリーズ

はい、これはシリーズでもなんでもないんですが、TKOの木本がMCの時が一番面白いと思ってます。

バナナマンとか、サンドイッチマンとか、売れてる芸人さんがくるとその回は面白くなりがちなのは、まあ必然と言えるかもしれないが、木本回はそれをぶち壊すくらい面白い。

TKO関西なのになあ、木本をいじる3人と3人にいじられる木本の掛け合いが面白すぎる。

回ごとにゲストMCが誰かタイトルとかで分かるので、木本に限らず自分のお気に入りの芸人さん回を見てみるのもいいかもしれません!

『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』(2007年4月〜)

2作目はさまぁ〜ず×さまぁ〜ず。テレ朝系列深夜枠のトーク番組です。

枠は30分で、約20分が二人のトーク、残り10分がちょっとした企画を行う、といったもの。

これぞキング・オブ・ゆるバラエティという感じ。常に何かしながら流してます。トークが主体なので最悪画面を見ずに聞いてるだけの時もあるくらい。2人のトーク内容は家庭の話だったりマネージャーの話だったり、特別な何かが起こったとかではないけれど、それでもなんか安心して聞いていられます。

不満は最近放送分しか配信されていないこと。過去の分も見れれば完璧なんだが。。。

『モヤモヤさまぁ〜ず2』(2007年4月〜)

ラストはモヤモヤさまぁ〜ず2。テレビ東京の正月特番から深夜→ゴールデンと昇格してきた番組。1は無いけどなぜか2が付いてる。

内容はテレ東のアナウンサーとさまぁ〜ずの2人が有名では無い(モヤモヤした)スポットを巡って町歩きをするという番組。

アシスタントともいうべきアナウンサーは、初代大江アナ/二代目狩野アナ/三代目福田アナ←今ここ。

アナウンサーによって番組の雰囲気が微妙に違ったりするけど、「みんな違ってみんないい」って感じ。

自分は今の日曜夜枠になってからしか知らなかったんだけど、この時間だから見てるってのもあるかもしれないけど、ほぼ毎週欠かさず見てる。

街歩き系の番組っていいですよね、、知ってる街には新たな発見が生まれるし、知らなかった街にも行ってみようかなって気にさせてくれるし、好きなジャンルです。

amazonプライムビデオには大江アナ時代(初期)が配信されています。まずはどういう番組か、を知ってもらうにはちょうどいいですね。

若かりし頃の大江アナも見れますよ。すっごく美人です。

amazonプライムビデオとは

さて、既に述べたように3番組はamazonプライムビデオで配信されています。ということはamazonプライム会員であれば無料で視聴可能です。

年間4000円程度で映画やドラマ、アニメにバラエティが無制限で見れて、他にもamazon musicやprime
photos、prime nowなど多方面で色々なサービスを受けられるのでものすごいお得です。会員で無い方は即刻入るべき!くらいのテンションです。

amazonプライムビデオはこちらから

終わりに

amazonプライムビデオには名作がこれでもか!というくらい揃っていますので、一気に紹介なんてことはまず不可能です。

今後ジャンルや作品等分けて、色々紹介できればと考えています。

スポンサーリンク
セントラル広告
セントラル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする