スポンサーリンク

2018年Amazonプライムビデオのおすすめ日本映画30選をランキング形式でまとめてみる【邦画】

2018.9.18更新

Amazonプライム会員は年会費3900円(税込)を払うと、お急ぎ便やお届け日時指定が何度でも無料で使用可能になるというサービス。もちろんそれだけでなく、100万曲以上の音楽聞き放題のAmazon Musicや、写真をクラウド上に保存出来るPrime Photosなど付随する特典・サービスを含めるとめちゃめちゃお得です。その中でも大人気の動画配信サービスAmazonプライムビデオ。HuluやNetflixなど動画配信専門サービスにも負けていない充実のラインナップとなっています。今回はAmazonプライム会員であれば無料で観る事が出来る!邦画のおすすめベスト30を紹介していきます。

プライムビデオの登録はこちらから

Amazonプライムビデオまとめ第二弾、ドラマ15選はこちらから⇩

第1位『舟を編む』

今を生きる辞書「大渡海」の編集に携わ事になった青年と、それを支える周辺人物との触れ合いを描いた作品。主人公演じる松田龍平の愚直な演技がとても良い。三浦しをんによる原作は本屋大賞受賞作。こちらもおすすめ。

第2位『フラガール』

昭和40年代、不況にあえぐ炭鉱の街で、北国をハワイに変えようという町おこしプロジェクトが始まる。スパリゾートハワイアンズってすげーんだな。女優蒼井優の出世作でもある、ラストのダンスは必見。

第3位『くちびるに歌を』

長崎の五島列島に、臨時の音楽教員として赴任した元ピアニストが、合唱部の生徒との触れ合いを通じて音楽と再び向かい合う。「くちびるに歌を持て」誰にも言えない悩みを抱える姿に、アンジェラ・アキによる主題歌が突き刺さる。あとガッキーがハイパー可愛い。

第4位『容疑者Xの献身』

東野圭吾原作、ご存知ガリレオシリーズの中でも直木賞を受賞した代表作の映画版。ついにAmazonプライムに追加されました!堤真一の演技が本当に素晴らしいです。ラストの切なさは必見。同シリーズの『真夏の方程式』も合わせてどうぞ。

第5位『博士の愛した数式』

記憶が80分しか持たない博士と、それを支える家政婦さんの心温まる日常系物語。本屋大賞受賞作品である原作のハートフルな雰囲気をうまく映画でも表現できていて、何回見ても飽きない仕上がりになっている。深津絵里の演技も素敵。

第6位『(鉄道屋)ぽっぽや』

当時久しぶりの主演映画だったらしい、高倉健さんの静かな演技と、北海道の自然だけでもう観る価値がある。原作は浅田次郎の短編。もちろんこっちもおすすめだけど、映画は行間までたっぷりと時間を使って2時間ものに仕上げているので、さらにおすすめ。

第7位『幸福の黄色いハンカチ デジタルリマスター2010』

続いても高倉健さんの代表作にして、第一回日本アカデミー賞受賞作品。40年以上たっても色褪せない名作。「もし、まだ待ってくれるなら、黄色いハンカチをぶらさげてくれ」あらすじとか書かずとも、これだけ言えばいいと思ってる。

第8位『そして父になる』

6歳になる自分の息子が、取り違えられた他人の子供だと知らされた夫婦の物語。本当の息子か、5年以上育ててきた他人の子供か、どちらを選ぶのか。是枝作品ならではのノスタルジックな雰囲気も作風に合っていると思う。主演福山雅治の主題歌も◎。

第9位『海街diary』

続いても是枝作品。鎌倉に住む3姉妹が、父の葬式で腹違いの妹と出会い、一緒に暮らすようになる。キャストも抜群、鎌倉の風景も抜群。ちなみに原作の漫画も読み応え抜群でおすすめ。

第10位『冷静と情熱のあいだ』

江國香織・辻仁成による同名小説を映画化したもの。主人公演じる竹野内豊と、フィレンツェをはじめとしたイタリアの街並みや風景がとても素晴らしい。ストーリーもお決まりといえばお決まりだが、恋愛小説ってこんなもんですよね。ただあおいは日本人に演じて欲しかったな・・

第11位『永い言い訳』

妻が事故死していた時に不倫していた夫が、妻の死後社会的償いをするというもの。最初はただのクズ野郎じゃねーかと思うんだけど、やっぱ子供は大正義ですな。不思議と最後は全員良い奴に見えてくるもん。世の中を不倫で騒がせてる奴らは全員これでも見て更生してくれ。

第12位『おくりびと』

元チェロ奏者から納棺師への華麗なる転身ドラマ。主人公演じるもっくんが納棺師という死と向き合う仕事を通して生きるということの尊さを教えてくれます。こりゃヒットするのも頷けますわ。

第13位『南極料理人』

南極という過酷な環境で、家族とも離れ離れで日々観測を続ける観測隊のお話。主人公は料理人なので、料理したり食事したりするシーンは多い。別に変わり映えしない料理だけど、すごく美味しそうに感じる。ザ・のほほん系映画。

第14位『手紙』

弟の学費のために犯罪を犯した兄、犯罪者の兄を持つために夢を絶たれた弟-。加害者側の視点に立った人間ドラマ。東野圭吾の原作ももちろん素晴らしいが、それに名前負けしないキャストの渾身の演技が素晴らしい。

第15位『四日間の奇蹟』

事故でピアニストとしての命を絶たれた主人公と、その事故によって命を助けられた知的障害者の少女の物語。石田ゆり子はどう関わってくるんだ?と思ってたらそんな展開が・・・!となるんでしょうね。(私は原作から入ったのでそうはならなかったですが)

第16位『タイヨウのうた』

学校に行かず、夜になると駅前広場で歌を歌う16歳の少女の物語。ストーリーはこういっちゃなんだがお涙頂戴系の王道と言われるかもしれない。が、主人公の雨音薫演じるYUIが透明感抜群で最強。音楽もとっても良い。

第17位『青い春』

松本大洋原作、男子高校生のどす黒く青臭い青春を描いた作品。自分も男子校だったから少し分かる青臭さと、全然わかんないバイオレンスな感じが妙に気に入ってしまう。青春って人それぞれだよね。

第18位『ストロベリーナイト』

女刑事姫川玲子の活躍を描く刑事もの。原作は誉田哲也の「インビジブルレイン」。このシリーズめっちゃ好きなんだけど、正直原作を知ってるだけに賛否両論あるのも致し方ないかもしれないとも思う。

第19位『アヒルと鴨のコインロッカー』

大学入学のため一人暮らしを始めた主人公が、奇妙な隣人に強盗を持ちかけられる。彼の目的と背景が物語のキーなんだけど、伊坂幸太郎の原作とはまた違う表現の仕方で面白い。

第20位『解夏』

徐々に視力を失っていく難病と診断された小学校教師が、婚約者の負担になりたくないという思いから1人故郷の長崎に帰る、というストーリー。病気の怖さも、患者を支える人の重要性も深く知ることができる。個人的には長崎の情緒ある街並みと石田ゆり子の可愛さがたまらない。

第21位『八日目の蝉』

不実の愛に苦しみ、子を誘拐した女と、その女に誘拐された子である女の生き様を描いた作品。誘拐された側からしたらたまったものじゃないけど、これは女性にしか分からない側面があるんだなあと思う。

第22位『ピンポン』

才能型のペコと努力型のスマイル。2人の卓球選手による青春物語。窪塚洋介が若くてかっこいい!原作である漫画版の雰囲気をそのまま実写化できた、成功作と言えるでしょう。

第23位『ビリギャル』

小4レベルの学力しかないギャルがなぜか心機一転して慶應大学合格を目指すというもの。まあ正直こんなほいほい学力上がるわけねーぞ!という気持ちはあるが実話だと言われたらしゃーない。受験生の悩みや、周りのサポートが大事だということはうまく伝えられていると思う。

第24位『涙そうそう』

主人公の「にぃに」と、母の再婚相手の連れ子である義妹との出会いと別れを描いた作品。これはどっちに転ぶんだ?と思って見てるとラストで裏切られます。妻夫木くんと長澤まさみがとっても良い演技してます。

第25位『麒麟の翼』

東野圭吾原作、新参者シリーズの映画版。日本橋下で発見された男性の死体に潜む謎に、主人公の加賀恭一郎が挑む。刑事ものだけど、日本橋周辺の雰囲気が好きな方にもおすすめです。

第26位『アマルフィ 女神の報酬』

外交官・黒田康作シリーズ。これはもう一介の外交官の職務範疇を完全に超えてるだろと突っ込みたくなるが、まあそこはハードボイルドフィクションということで。イタリアはアマルフィの美しい景色もふんだんに盛り込まれていて、映画を華やかなものにしている。

第27位『ソラニン』

フリーターでバイトをしながらバンドをする種田と、それを支える芽衣子の物語。苦しみながら夢を追う若者の姿に胸を打たれること確実。アジカンの主題歌は名曲。

第28位『砂時計』

14際で東京から島根に移り住んだ杏が、田舎の地で大切なものを見つけていく。現在と過去を行ったり来たりの心温まる物語。夏帆って演技凄いな本当。原作の漫画版もめちゃめちゃ泣けるので読んでみてほしい。

第29位『チーム・バチスタの栄光』

海堂尊の人気小説を原作とする医療系ミステリー。ドラマ版もあってどっちがいいかみたいな議論がそこらでされているけど、どっちも面白いよ。ただ共通してるのは続編のジェネラル・ルージュの凱旋の方が面白いってこと。

第30位『パッチギ!』

在日朝鮮人×暴力という難しいテーマだけど、割とスイスイ観れる。ただこういう映画なので、沢尻エリカの可愛さ以外は賛否別れるんだろうな。パッチギは喧嘩用語で頭突きって意味もあるらしい。知るかそんなん。

終わりに

邦画ベスト30、いかがでしたでしょうか。

プライム会員対象作品は割と頻繁に更新されているので、最新の情報ではない可能性があります。予めご了承ください。今後も更新は随時かけていきたいと思います。

プライムビデオの登録はこちらから

Amazonプライムビデオまとめ第二弾、ドラマ15選はこちらから⇩

アニメも原作も大人気!「物語シリーズ」のまとめ記事はこちらから⇩



名作揃い!『P.A.Works』の作品まとめ記事はこちらから⇩

スポンサーリンク
セントラル広告
セントラル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
セントラル広告