スポンサーリンク

物語シリーズを徹底解説!西尾維新原作の小説発売順と時系列をまとめて紹介する

西尾維新による大人気ライトノベル「物語シリーズ

原作もさることながら、アニメーション制作会社「シャフト」によるアニメ化、更には漫画家大暮正人による漫画化と、第1作の発売から10年以上たった今でも話題性は抜群です

原作もアニメも全部楽しみたい!という方には、アニメ版はこの順番だけど、時系列は?原作の発売順とはあってるの?といった疑問を感じている方も多いと思います。今回はそんな「物語シリーズ」の原作の発売順、時系列、アニメの放送順、見どころ、更には漫画版まで!徹底的に紹介していきたいと思います。

※注意※

本記事は前編としまして、原作について触れています(ボリュームがありすぎるので2記事に分けました)。

後編ではアニメ版の放送順や見どころなどについて触れておりますので、アニメ版に関心がある方は下記記事をご覧ください⇩

また、漫画版については別記事でまとめておりますので、こちらもご覧ください⇩

スポンサーリンク
セントラル広告

「物語シリーズ」とは

「〈物語〉シリーズ」(モノガタリシリーズ)は、『化物語』(バケモノガタリ)を始めとする西尾維新による小説シリーズ。「化物語シリーズ」とも。イラストはVOFAN。講談社BOXより刊行。シリーズ第1作である『化物語』は、2006年11月に同レーベルの最初の刊行作の1つとして出版された。2009年のテレビアニメを皮切りに、ドラマCD・ゲーム・劇場版アニメなど他媒体へも進出している。
wikipediaより引用

このページを見られる方の大半はよくご存知だと思います。もともとは西尾維新により「メディアミックス不可能な小説」として書かれたという話らしいですが、、思いっきりメディアミックスされてます。

『化物語』だけ読むと単なるラブコメ小説か?と思いたくなりますが、そんなことはありません。アクション要素あり、コメディ要素あり、更にはセリフの言い回しも非常に特徴的です。手に取った方は是非シリーズを読み進めて頂きたいものです。

前置きが長くなりましたが、早速原作を紹介していきます。

「物語シリーズ」原作を発売順に紹介してみる

西尾維新による原作は、2006年の「化物語」を皮切りに2018年現在24冊が発売されており、今後更に4冊の発売が予定されています。

なおシリーズは五部構成となっており、それぞれ「〇〇シーズン」と命名されています。今回はシーズンごとに原作を一挙に紹介していきます。

◆ファーストシーズン

・『化物語(上)』(2006年)

収録

第一話:ひたぎクラブ
第二話:まよいマイマイ
第三話:するがモンキー

・『化物語(下)』(2006年)

収録

第四話:なでこスネイク
第五話:つばさキャット

・『傷物語』(2008年)

収録

第零話:こよみヴァンプ

・『偽物語(上)』(2008年)

収録

第六話:かれんビー

・『偽物語(下)』(2009年)

収録

第七話:つきひフェニックス

・『猫物語(黒)』(2010年)

収録

第禁話:つばさファミリー

◆セカンドシーズン

・『猫物語(白)』(2010年)

収録

第懇話:つばさタイガー

・『傾物語』(2010年)

収録

第閑話:まよいキョンシー

・『花物語』(2011年)

収録

第変話:するがデビル

・『囮物語』(2011年)

収録

第乱話:なでこメドゥーサ

・『鬼物語』(2011年)

収録

第忍話:しのぶタイム

・『恋物語』(2011年)

収録

第恋話:ひたぎエンド

◆ファイナルシーズン

・『憑物語』(2012年)

収録

第体話:よつぎドール

・『暦物語』(2013年)

収録

第一話:こよみストーン
第二話:こよみフラワー
第三話:こよみサンド
第四話:こよみウォーター
第五話:こよみウインド
第六話 こよみツリー
第七話 こよみティー
第八話 こよみマウンテン
第九話 こよみトーラス
第十話 こよみシード
第十一話 こよみナッシング
第十二話 こよみデッド

・『終物語(上)』(2013年)

収録

第一話 おうぎフォーミュラ
第二話 そだちリドル
第三話 そだちロスト

・『終物語(中)』(2014年)

収録

第四話 しのぶメイル

・『終物語(下)』(2014年)

収録

第五話 まよいヘル
第六話 ひたぎランデブー
第七話 おうぎダーク

・『続・終物語』(2014年)

収録

最終話 こよみリバース

◆オフシーズン

・『愚物語』(2015年)

収録

第一話 そだちフィアスコ
第二話 するがボーンヘッド
第三話 つきひアンドゥ

・『業物語』(2016年)

収録

残酷童話 うつくし姫
第零話 あせろらボナペティ
第零話 かれんオウガ
第零話 つばさスリーピング

・『撫物語』(2016年)

収録

第零話 なでこドロー

・『結物語』(2017年)

収録

第一話 ぜんかマーメイド
第二話 のぞみゴーレム
第三話 みとめウルフ
第四話 つづらヒューマン

◆モンスターシーズン

・『忍物語』(2017年)

収録

第一話 しのぶマスタード

・『宵物語』(2018年)

収録

第二話 まよいスネイク
第三話 まよいスネイル

・『余物語』(未発売)

第四話 よつぎボディ
第五話 よつぎシャドウ

・『扇物語』(未発売)

第六話 おうぎライト
第七話 おうぎフライト

・『死物語(上)』(未発売)

第八話 ですとぴあデスティニー
第九話 ですとぴあデスティネーション

・『死物語(下)』(未発売)

最終話 ですとぴあデスエデュケーション

「物語シリーズ」タイトルを時系列順に並べてみる

さて、一気に原作をまとめて紹介しましたが、実は小説が発売された順番は、時系列に沿ったものではないのです。物語によっては順番が前後しているんですね。

じゃあ時系列に並べるとどうなるの?という疑問が出てくると思います。というわけで並べてみました!以下が時系列順となります⇩

1.『傷物語』
2.『猫物語(黒)』
3.『化物語(上・下)』
4.『偽物語(上・下)』
5.『傾物語』
6.『鬼物語』
7.『猫物語(白)』
8.『終物語(中)』
9.『終物語(上)』
10.『囮物語』
11.『恋物語』
12.『憑物語』
13.『暦物語』(※1)
14.『終物語(下)』
15.『続・終物語』
16.『花物語』
17.『忍物語』
18.『宵物語』
19.『愚物語』(※2)
20.『撫物語』
21.『業物語』(※2)
22.『結物語』

(※1 暦の1年を通しての物語のため、話数によっては前後する)
(※2 短編集のため、話数によっては前後する)

原作の発売順と似通ったところもありますが、やはり相違点も多々あります。特に『終物語』はカオスですね。中→上→下ってどういうこと…?って感じです。

公式サイトには、「阿良々木暦 高校生活最後の1年年表公開!」ということで、高校三年生時の年表が1本の線になっています。こちらも活用いただければと思います。

ちなみに、原作は私も全て読んでいるわけではないですが、やはりその後の物語の伏線が張られていることもありますので、発売順に読むことをお勧めします。

これはこの後のアニメ版を見る順番にも繋がってきます。

続いてはアニメ版へ

さて、続いてはアニメ版「物語シリーズ」について触れようと思ったのですが、、さすがに長くなりすぎたので、一回ここで切ることにしました。

ここまでを前編としまして、後編ではアニメ版の放送順や見どころなどについて触れていきたいと思います!

後編は下記記事となります⇩

また、漫画版については別記事でまとめておりますので、こちらもご覧ください⇩

その他、おすすめ記事はこちらからどうぞ⇩

おすすめ漫画のまとめ記事はこちらから⇩

電子書籍サイトのおすすめはこちらから⇩

スポンサーリンク
セントラル広告
セントラル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする