『ジャンプ+』無料で読める超面白いおすすめ漫画10選を紹介!ネット漫画と侮るなかれ!

 

最近は電子書籍が話題となり、多くのウェブサイトやアプリがリリースされています。少年誌の代表格「週間少年ジャンプ」ですら、今やアプリで読める時代です。

今日はそんなジャンプの公式アプリ『ジャンプ+』の内容やおすすめ漫画に触れていきます。

前半ではジャンプ+で無料で読めるおすすめ漫画をランキング形式で、後半では更新される曜日別にまとめて紹介していきます。

 

『ジャンプ+』とは

2014年より集英社が配信する、「週間少年ジャンプ」のネットバージョン的な存在です。

ウェブサイトorアプリで閲覧が可能で、「週間少年ジャンプ」の定期購読や過去作品の閲覧に加え、ジャンプ+のオリジナル作品が曜日ごとに配信され、配信中は無料で読むことができます。

中には紙面での連載作に負けない面白さの漫画もありますので、是非この後紹介するおすすめ漫画をご覧ください。

 

『ジャンプ+』の無料おすすめ漫画10作品を紹介する

まずは無料で読める連載中の作品の中から、特におすすめしたい10作品を個別に紹介します。

1.『左ききのエレン』/かっぴー,nifuni

広告代理店勤務の若手デザイナー・朝倉光一。納得出来ない理由で自ら勝ち取った仕事を取り上げられた彼は、やりきれない気持ちを抱えて横浜の美術館へと向かう。そこは、彼が初めて「エレン」という才能と出会った場所で…。大人の心も抉るクリエイター群像劇、開幕!

2016年から「cakes」上で掲載されていた漫画のリメイク版。「天才になれなかったすべての人へ」広告業界を描いた作品なだけありキャッチーなコピーや名言が多い。
お仕事漫画なので社会人に等しくおすすめではあるが、とりわけクリエイティブな業界や職業に従事する人たちにはたまらないのだろうと思う。
主人公だけでなく複数の主要人物に焦点を当てた群像劇であり、章ごとに過去・現在・未来と点在する時系列が徐々に線となってつながってくる。

 

2.『怪獣8号』/松本直也

怪獣発生率が世界屈指の日本。この国は、容赦なく怪獣が日常を侵していた。かつて防衛隊員を目指していたが、今は怪獣専門清掃業で働く日比野カフカ。ある日カフカは、謎の生物によって、身体が怪獣化、怪獣討伐を担う日本防衛隊からコードネーム「怪獣8号」と呼ばれる存在になる。

怪獣が災害として発生する日本で、人々を救うため怪獣討伐を目指す主人公自身が怪獣となってしまう。
努力や友情、ギャグと少年誌の人気作品要素が詰まった王道漫画。
怪獣を倒すという意味では進撃の巨人やワールドトリガーにも似たテンションの高い戦闘シーンを描きながら、怪獣の発生・徘徊シーンはウルトラマンなどの昭和特撮映画を想起させる。
ストーリーもテンポよく進んでおり、ジャンプ+の中でも今最も勢いのある漫画と言える。

 

3.『サマータイムレンダ』/田中靖規

幼馴染の潮が死んだ──。その報せを聞き、故郷の和歌山市・日都ヶ島に帰ってきた慎平。家族との再会。滞りなく行われる葬儀。だが島にはある異変が…? ひと夏の離島サスペンス!!

和歌山県のとある離島を舞台に繰り広げられるSFサスペンス。
SFやサスペンスはストーリーがメインで画力が置き去りにされるパターンが多いが、この作者は画力もトップクラス。
ストーリー自体もタイムリープを扱った作品という意味ではよくあるけれど、縛りを効かせたり+αの要素を付け加えたりと、非常に良く練られているためだらけることがない。
SF漫画として非常に完成度の高い作品でありながら画力も相当高く、なぜジャンプ本誌連載ではないのかと首を傾げたくなるくらいの作品。

 

4.『SPY×FAMILY』/遠藤達哉

名門校潜入のために「家族」を作れと命じられた凄腕スパイの〈黄昏〉。だが、彼が出会った“娘”は心を読む超能力者! “妻”は暗殺者で!? 互いに正体を隠した仮初め家族が、受験と世界の危機に立ち向かう痛快ホームコメディ!!

スパイと殺し屋の夫婦に娘は超能力者。設定からして匂ってくるB級漫画の予想に反し、1話から思い切り引き込まれる。
それぞれの登場人物に個性がありキャラが立っているし、彼らが繰り広げるホームコメディがたまらなく面白い。
それでいてストーリー構成はしっかりしているし、本業であるアクションシーンなども画力高く描いている。世代を選ばないオールマイティな作品。

 

5.『2.5次元の誘惑』/橋本悠

現実の女に興味無し! 2次元のキャラクター・リリエルを愛す漫画研究部部長・奥村のもとにやってきたのは、「リリエルになりたい」という3次元女子・天乃リリサ。彼女の頼みでコスプレの撮影に協力することになった奥村だが、目の前に現れたのは――本物(リアル)なリリエル!? この誘惑は2次元(フィクション)じゃない! ドキドキコスプレコメディ開幕!!

2次元にしか興味がないオタクの主人公が、同じくオタク趣味(コスプレ)を持ったかわいい後輩と戯れるコメディ漫画。
ジャンルはラブコメだが、似た趣味を持つ二人が一つの方向に向かってまっすぐ進んでいく青春モノとしても面白い。
ストーリーも面白いけど何と言っても作画が素晴らしい。ヒロインのコスプレ姿はクオリティがハンパない。

 

6.『魔都精兵のスレイブ』/竹村洋平,タカヒロ

日本各地に異空間『魔都』が出現―― 魔都に存在する『桃』が女性にのみ特異な能力をもたらすことにより、『魔防隊』と呼ばれる女性兵が組織された。 ある日、鬱屈した人生を過ごしていた男子高校生・和倉 優希は突発的に発生した魔都の入り口へと迷い込んでしまう。そこで出会った『魔防隊』七番組の美しき組長・羽前 京香に「お前を私の奴隷にする」と宣言され…!?

女性が能力・権力を持った魔都という世界で、女隊長の奴隷としてともに戦う男子高校生の物語。
奴隷と言いつつ実際は女性にのみ与えられる特殊能力の設定によりハーレム状態の主人公。絵も上手くきわどいシーンも徐々に増えて来る。
お色気展開だけでなく、主人公の家族をからめ伏線を張るなどストーリーもしっかりしているのが特徴。

 

7.『阿波連さんははかれない』/水あさと

「小さくて」、「物静か」な阿波連れいなさん。隣の席に座るライドウくんは、そんな阿波連さんに距離を感じていた。ある日、阿波連さんが落とした消しゴムをライドウくんが拾ったことで、今度は予想外の急接近!? 「遠すぎたり」「近すぎたり」予測不能な阿波連さん。色んな意味で、『はかれない』青春コメディ第1巻!!

小柄で声が小さいヒロインが、他人との距離を「はかれない」という設定で隣の席の主人公と接近していく日常コメディ。
破天荒なヒロインと冷静な脳内ツッコミをする主人公のやりとりが面白く、話が進むにつれ色々な表情の阿波連さんが見られるため思わずクセになってしまう。

 

8.『道産子ギャルはなまらめんこい』/伊科田海

北海道北見市に転校してきた四季 翼は、真っ白な銀世界で1人の“ギャル”と出会う――。氷点下でも生足で、距離が近くて、方言バリバリ! そんな“なまらめんこい彼女(ギャル)”と贈るロマンチック道産子ラブコメ、開幕

北海道に引っ越してきた東京育ちの男子高校生が、地元の道産子たちと触れ合う日常系ラブコメ漫画。
メインヒロインが破壊力のある陽キャギャルでありながら、第二・第三の異なる属性のヒロインが出てきてさらに面白くなる。
随所に北海道あるあるや舞台となる北見市のイベント・グルメ情報が含まれているのも特徴。

 

9.『姫様“拷問”の時間です』/春原ロビンソン,ひらけい

国王軍と魔王軍が衝突を始め幾年月。王女にして国王軍第三騎士団“騎士団長”の姫は、魔王軍により囚われの身となっていた! やがて、姫に待ち受けるのは斜め上の拷問の数々で――!? 最も残酷な拷問の時間が今、始まる!!

機密事項を知る国王軍の王女が、相対する魔王軍に拷問されるという暴力的なあらすじからは想像も付かない穏やかな雰囲気の漫画。
あの手この手で拷問を行う魔王軍、最終的に秘密を全部喋ってしまう王女。登場人物は全員おバカで、頭を空っぽにして楽しめる。
基本的に一話完結で、同じパターンが多いのだが不思議と飽きずに読めてしまう。

 

10.『おいしいコーヒーのいれ方』/青沼裕貴,村山由佳

ご存知村山由佳の同名恋愛小説をコミカライズした作品。

なぜこのタイミングで漫画化されるのかは不明だが、ところどころキャラがイメージとあってない部分はあるものの、小説を読んだことがない人はもちろんのこと原作ファンでも読める内容となっている。。

 

『ジャンプ+』の無料おすすめ漫画を更新曜日別に紹介

続いては上記10作品も含めて、おすすめ漫画を更新される曜日別にまとめてみました。全ての曜日で何かしらの人気作品が更新されるので、毎日楽しめるのが特徴です。

◆月曜日に更新される作品

・サマータイムレンダ
・SPY×FAMILY(隔週)
・ハイキュー部!!

◆火曜日に更新される作品

・姫様“拷問”の時間です
・赤面しないで関目さん
・傷だらけのピアノソナタ

◆水曜日に更新される作品

・道産子ギャルはなまらめんこい
・おいしいコーヒーのいれ方
・久保さんは僕を許さない

◆木曜日に更新される作品

・推しの子
・忘却バッテリー
・君のことが大大大大大好きな100人の彼女

◆金曜日に更新される作品

・怪獣8号
・さよならミニスカート
・奴隷遊戯 GUREN(隔週)

◆土曜日に更新される作品

・左ききのエレン
・2.5次元の誘惑
・魔都精兵のスレイブ

◆日曜日に更新される作品

・阿波蓮さんははかれない
・終末のハーレム ファンタジア(隔週)
・鴨乃橋ロンの禁断推理

 

終わりに

『ジャンプ+』のおすすめ作品を紹介しました。本家「週間少年ジャンプ」連載中or過去の名作を知りたい!という方は以下の記事からどうぞ。

”https://hobbeer.com/weeklyjump-matome“

その他、おすすめ記事は以下からどうぞ!

 

読みたい漫画がきっと見つかる!おすすめ漫画のまとめ記事はこちらから⇩
”https://hobbeer.com/comics-matome“

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました