スポンサーリンク

「週刊ヤングジャンプ」歴代のおすすめ30作品をまとめてランキングで紹介する

過去に当ブログでは、少年漫画誌の作品を「ジャンプ」「マガジン」「サンデー」とまとめてきました。

いよいよ青年雑誌にも拡張してみよう、ということで今回は「週刊ヤングジャンプ」です。

「少年ジャンプ」の兄貴分、というより個人的には年の離れた従兄弟感のあるヤングジャンプですが、これまでに様々な名作が掲載されています。

今回は連載中・完結の作品をひっくるめて、全30作品を一挙ランキングで紹介していきます。

スポンサーリンク
セントラル広告

目次

「集安ヤングジャンプ」の名作をランキングで紹介する

1.『キングダム』/原泰久(連載中)

春秋戦国時代の中国大陸を舞台に、後の秦国始皇帝政と、それを支える大将軍の成長を描いた物語。

史実をベースとしつつ、独自の展開や登場人物もいるため、史実を知っていても知らなくても楽しめる内容となっています。

歴史漫画とバトル漫画の両側面が高いレベルで同居しており、幅広い世代から支持される、まさにヤングジャンプの看板漫画です。

2.『ゴールデンカムイ』/野田サトル(連載中)

明治末期の北海道を舞台にした、金塊をめぐるサバイバルバトルを描いた漫画。

主人公と旅をともにするアイヌの少女を中心に、アイヌの民族・狩猟・グルメ文化が幅広く描写されており、グルメ漫画としても評価が高いです。

シリアスな展開の隙間を縫って入るコミカルなシーンもエッジが効いていて、漫画の完成度を高めています。

3.『GANTZ』/奥浩哉(完結)

死んだはずの人間たちが異星人と戦うSF漫画。終盤のグダグダがとやかく言われることも多いですが、、、

GANTZという世界観、CGを駆使したキャラデザや戦闘シーン、謎が謎を呼ぶ展開と、本当に神漫画です。

4.『リアル』/井上雄彦(連載中)

ご存知、『スラムダンク』作者による、車椅子バスケットを題材にしたスポーツ漫画。

障害や難病に向き合う人々や、彼らを支える周りの人々の苦悩などが、リアル過ぎるほどシビアに描かれている。

5.『東京喰種』/石田スイ(完結)

姿は人でありながら人肉を食らうグール(喰種)たちを描いたダークファンタジー。

グロテスクな描写が多いですが、魅力的なキャラやスリリングな展開が女性にも受け、大ヒットした漫画です。

6.『嘘喰い』/迫稔雄(完結)

ギャンブルと言えば頭脳戦、そんな常識を覆すギャンブル×バトル漫画。

オリジナル性の高いギャンブルに加え、ミスリードからのどんでん返しがクセになり、一気読みしたくなる作品です。

7.『テラフォーマーズ』/橘賢一,貴家悠(連載中)

火星移住計画の中で人型に進化したゴキブリと、駆除する人間の戦いを描いた、これぞヤングジャンプという少し王道から外れたバトル漫画。

ただゴキブリがきもいだけの漫画ではありません。知能戦や人間同士のぶつかり合い、先が見えない展開にドキドキが止まりません。

8.『かぐや様は告らせたい 〜天才たちの恋愛頭脳戦〜』/赤坂アカ(連載中)

エリート校の生徒会長と副会長が、「いかに相手に告らせるか」を競い合う学園ラブコメディ。

頭脳戦と言えるのは序盤だけで、結構くだらない展開が続く。けどギャグも面白いしサブキャラも魅力たっぷりで、肩の力を抜いて読める漫画です。

9.『LIAR GAME』/甲斐谷忍(完結)

天才詐欺師と普通の女子大生が、騙し合いのライアーゲームに巻き込まれてしまうという、ギャンブル漫画。

その名の通り、いかに嘘をついて相手を騙せるか、にフォーカスされており、手に汗握る心理戦が展開されるのが特徴です。

10.『銀河英雄伝説』/藤崎竜,田中芳樹(連載中)

かの有名な同名小説の、「封神演義」の藤崎竜先生によるリメイク版。

もちろんストーリーは申し分ない面白さ。絵が特徴あるので、そこを気に入るかどうか、でしょうか。

11.『華麗なる食卓』/ふなつ一輝(完結)

グルメ漫画の王道、料理バトルも面白いがカレーを題材に49巻も描けるのがそもそもすごいです。

食材や調理の説明も丁寧で絵も綺麗。料理バトルの合間のラブコメ展開にも癒される、良い作品です。

12.『ONE OUTS』/甲斐谷忍(完結)

ライアーゲームに引き続き甲斐谷忍作品、こちらは玄人好みの野球(ギャンブル?)漫画です。

1アウトごとに5000万円、1失点ごとに-5000万円という考えられない契約で賭け野球からプロ入りした渡久地東亜。

悪魔的頭脳で、ある時は相手の心理を逆手にとり、ある時はルールブックの隙間を突き、試合に勝ちまくっていく。痛快ギャンブル(野球?)漫画です。

13.『ハチワンダイバー』/柴田ヨクサル(完結)

プロになれず燻っていた元奨励会の主人公が、賭け将棋の世界に身を投じていく物語。

「アキバの受け師」ことメイド姿の女性棋士など、魅力あるキャラ(真剣師)が多数登場する。将棋のルールはある程度分かった方が楽しめるかも。

14.『リクドウ』/松原利光(完結)

悲しき幼少時代を過ごした主人公が、あるきっかけでボクシングの道を志す物語。

導入部分から始まり、その後の展開も青年漫画ならではの重苦しいものが多いです。

裏社会の闇も交えた、王道ではないけれど新感覚のボクシング漫画です。

15.『サムライソルジャー』/山本隆一郎(完結)

渋谷の街を舞台に、喧嘩に明け暮れる不良(ガキ)たちを描いたヤンキー漫画。

まっすぐなヤンキーを描いた点ではクローズに似てるけど、麻薬やヤクザを絡めた謎の要素が少しあるのが違いでしょうか。

16.『ZETMAN』/桂正和(完結)

科学技術の発達した近未来が舞台のSF漫画。変態ヒーローものと言ってもいいかもしれない。

桂先生ならではの安定した作画と、スリリングな展開(中盤まで)が本当に惜しい。終盤のグダグダさえなければもう少し上位に食い込んでた作品です。

17.『まくむすび』/保谷伸(連載中)

創作に熱意を燃やす女子高生を主人公にした、高校演劇を題材にした作品。

演劇部はいわゆる文科系だろうけど、熱意もあるしそれでいて爽やか。思いっきり少年漫画を読んでいるような感覚に襲われます。

18.『サラリーマン金太郎』/本宮ひろ志(完結)

サラリーマンになるために漁師をやめ、上京してきた”矢島金太郎“の破天荒な人生を描いた物語。

社会の枠に収まらない、男気ある金太郎の行動は爽快感があり、スカッとした読後感を味わえるでしょう。

19.『ホットマン』/きたがわ翔(完結)

女優を母親に持つ異父兄弟たちの絆や成長を描いたハートフルストーリー。

一つ屋根の下的な心温まるホームドラマで、反町隆史主演でドラマ化もされた作品。

20.『孔雀王』/荻野真(完結)

化け物を退治する退魔師孔雀が、闇の密法集団と戦う宗教要素を多分に含んだバトル漫画。

単行本で17巻だが、その後「退魔聖伝」→「曲神紀」→「ライジング」→「-戦国転生-」とシリーズは続いていきます。

21.『予告犯』/筒井哲也(完結)

警視庁新設のサイバー犯罪対策課と、ネット上で犯罪予告を繰り返す新聞男との対決を描いたクライムサスペンス。

正確には『ジャンプ改』という月刊誌で連載されていました。連載開始当時はヤングジャンプの増刊号という位置づけだったので、ランキング入りさせています。

22.『TOUGH -タフ-』/猿渡哲也(完結)

最強の古武術灘神影流の継承者である主人公:宮沢熹一が武術家らと戦いを繰り広げる格闘漫画。

戦う中で、ボクシングや空手、柔道といったメジャーなものからムエタイ、柔術などマイナーなものまで、あらゆる格闘技に触れる総合格闘技漫画と言えるでしょう。

23.『SIDOOH -士道-』/高橋ツトム(完結)

幕末のニッポンを舞台に、武士道を貫きながら力強く生きる兄弟を描いた物語。

バガボンドのように、筆書きのようなタッチの絵が時代背景にあっていて良い。実在の偉人たちも出てくるが、後半はそれらの人物がメインになってしまうのが少し残念。

24.『夜王』/井上紀良,倉科遼(完結)

北海道出身の若者を主人公に、新宿・歌舞伎町を舞台としたホストたちの物語。

情に熱かったりと、ホストのイメージにはない内面も出ていて面白い。ホスト内の話だけでなく、恋愛や友情といった要素も含まれています。

25.『極黒のブリュンヒルデ』/岡本倫(完結)

様々な特殊能力を持った人間たちのサイエンス・ファンタジー。

萌え漫画かと最初は思いますが、ストーリーもしっかりしていて読みやすい。同作者の『エルフェンリート』も似たような漫画ですがおすすめです。

26.『TIENPO -ティエンポ-』/飯野大祐(連載中)

ヤングジャンプには似合わない、普通のサッカー漫画。普通ですが面白いです。

ダムアス!とか設定がちょっとサムい部分はありつつも、先が気になる漫画。これからの展開に期待です。

27.『可愛そうにね、元気くん』/古宮海(連載中)

異常な性癖を持つ男子高校生と、彼を取り巻く2人の女子たちの日常?物語。

2人の女子の、なんとなくこんなキャラなのかな?という想像があっという間に裏切られて、そこからページをめくる手が止まらなくなります。引き込み方が半端ないです。

28.『孤高の人』/坂本眞一,新田次郎(完結)

あるきっかけからクライミングに興味を持つ主人公を描いた登山の物語。

新田次郎先生の同名小説が原作、ですが結構大胆なオリジナル展開があり。賛否分かれるところです。

29.『あい。』/仙道ますみ(完結)

チェリーボーイな大学生と、彼を取り巻く女性たちの恋愛模様を描いたちょっとエッチな恋愛漫画。

エッチな描写と恋愛のシリアス描写のバランスがちょうどよくて、こんな展開ないだろ〜と思いながら思わず読み進めてしまう、変な中毒性のある漫画です。

30.『スナックバス江』/フォビドゥン澁川(連載中)

北海道の大繁華街すすきの、から数駅隣にある北24条にある場末のスナックを舞台に、ママとチーママと常連さんの掛け合いが展開されるギャグ漫画。

特別面白くもないけど、つまらなくもない。ジャンプでいうジャガーさん的な存在で、ヤンジャンの巻末にある『スナックバス江』を最後に読むとなんかホッとする。そんな漫画です。

終わりに

「週刊ヤングジャンプ」のおすすめ作品を紹介してきました。

今回の「ヤングジャンプまとめ」以外にも、様々な切り口でおすすめ漫画を紹介しております。


また、過去の少年漫画雑誌おすすめ作品まとめはこちらからどうぞ。






スポンサーリンク
セントラル広告
セントラル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする