スポンサーリンク

超激アツ!はまること間違いなしのおすすめスポーツ漫画を競技別にまとめて紹介していく

数ある漫画作品・カテゴリーの中でも特に好きなのがスポーツ漫画です。学生時代部活をやっていた方は特に共感していただけると思うんですが、いくつになってもあの時の青く熱い気持ちを思い出させてくれます。

今回はそんな心を燃え上がらせるような激アツスポーツ漫画を、激アツポイントともに!競技別に紹介していきます。

スポンサーリンク
セントラル広告

目次

おすすめ野球漫画

①『H2』/あだち充(完結:34巻)

あだち充はいつも『タッチ』か『H2』で迷うんだけど、今回はより心を熱くする方ということで『H2』を選択。橘英雄らライバルたちがとても強力に、爽やかに描かれているのがよい。あとは何と言っても木根。あの涙の完投勝利は思い出しただけでうるっときちゃいますね。

セリフ無しで、コマ割りとかキャラの表情で読ませるのが本当にうまいと思います。展開が一辺倒とか誰か死なせずにはいられないのかとか言われたりするけど、あだち充無しにスポーツ漫画は語れないくらいの存在ですね。他にもおすすめ作品が多数あるのでこちらからどうぞ。⇩

②『ダイヤのA』/寺嶋裕二(完結:全47巻)

くせ球を武器に名門校のエースの座、更には甲子園出場を目指す少年の物語。主力だけでなく、数多くいる控えや下級生にもスポットを当てているため、フォア・ザ・チームの精神がよく現れており、感情移入がしやすいのが人気の要因の一つだと思う。いつもは渋い監督が時たま感情を爆発させるところが熱い。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

なお第一部は完結。現在ACT2が連載中となっている。

『ダイヤのA』を漫画アプリで読むなら

マガポケ - 人気マンガが無料で読める、週刊少年マガジン公式コミックアプリ「マガジンポケット」

マガポケ – 人気マンガが無料で読める、週刊少年マガジン公式コミックアプリ「マガジンポケット」

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

③『MAJOR』/満田拓也(完結:全78巻)

幼少期から大人になるまで-、茂野吾郎の野球人生全てを描き切った作品。リトル編や高校編など、場面場面で心を熱くさせるのはやはり仲間の存在。本当の仲間の存在に気づき、彼らのために全力投球を続ける吾郎の姿には胸を打たれます。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

現在は吾郎の息子大吾を主人公とした『MAJOR 2nd』が連載中。中学生編になってからぐっと面白いです。

④『最強!都立あおい坂高校野球部』/田中モトユキ(完結:全26巻)

田中モトユキはスポーツが人を熱くさせる所以を熟知しているように思う。そうじゃなければ異種競技でクオリティの高い作品を連発出来ないですよ。少年野球時代の監督を甲子園に連れて行くために、弱小都立に集まったかつての仲間たちの戦いを描いた作品。右京の境遇と内に秘めた闘志を知った時は泣いてしまった。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

その他の野球漫画

野球漫画はこの他にも名作がたくさんあります。別記事でまとめていますので、こちらからどうぞ⇩

おすすめサッカー漫画

①『GIANT KILLING』/ツジモト(連載中)

元日本代表のスターが古巣の弱小クラブの監督になり優勝を目指す。例えて言うなら中田ヒデが湘南ベルマーレの監督になってJ1優勝宣言するみたいなものかな。監督だけでなく選手一人一人にスポットを当てているし、サッカーの描写が一番うまい漫画だと思う。ダービーとか熱量が凄いですよ、是非45巻くらいまで一気に読んでほしいです。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

②『BE BLUES!〜青になれ〜』/田中モトユキ(連載中)

類い稀な才能を持った主人公が日本代表を目指すサッカー漫画。リアルな現代サッカーを追求しつつ、主人公とその周りの仲間たちが成長していく様が描かれていて美しい。小学校、中学校を経て現在は高校生編ですが、節目節目で壁を乗り越えていくようなストーリー展開が熱いです。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

③『シュート!』/大島司(完結:33巻)

天才久保嘉晴の意思を継ぎ、全国制覇に向かって邁進する掛川高校サッカー部を描いた作品。久保を失った悲しみから立ち直り、それぞれが一回り成長しチームとして強くなっていく姿が、未だに人気作品として挙げられる所以だと思います。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

漫画『シュート!』は第一部から第四部まであります。以下の記事で順番にまとめています⇩

④『DAYS』/安田剛士(連載中)

サッカー経験の無い運動音痴な主人公が、名門サッカー部に入り仲間とともに成長していく物語、ですが主人公が試合で活躍したりとあまり現実味はありません。むしろ主人公が出ていない時の方が試合展開も面白い。巻が進むとサブキャラたちにスポットが当てられていくのですが、それぞれにドラマがあってぐっときます。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

その他のサッカー漫画

サッカー漫画はこの他にも名作がたくさんあります。別記事でまとめていますので、こちらからどうぞ⇩

おすすめバスケ漫画

①『スラムダンク』/井上雄彦(完結:31巻)

この漫画を読んでないのは人生の半分損しているを唯一大真面目に言える漫画です。中高の部活を決める前にこの漫画に出会えたことが人生でトップ3に入る幸運だったなあと。熱いシーンはいくつもあり決められないですが、ここでは素直に最後の山王戦にしておきましょうかね。ラストの31巻はほとんど文字がなくほぼ絵だけで試合ラスト数分を描き切るんですが、迫力十分というか、作者の気合が伝わってきます。ページをめくる手が止まらないというのはまさにあのこと。

最近新装再編版ということで、表紙を新たに書き下ろし、全20冊にまとめ直したものが発売されています。

②『あひるの空』/日向武史(連載中)

150cmの3Pシューター車谷空が主人公。愉快な仲間たちとインターハイ出場を目指す物語。スラダンが万人受けするバスケ漫画なら、あひるはバスケ経験者に突き刺さるバスケ漫画だと思う。バスケは積み重ねのスポーツであることを理解されてるから、負けたとしても試合展開はものすごく面白い。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

③『DEAR BOYS』/八神ひろき(完結:23巻)

全23巻はACTⅠのお話。続編のACTⅡ、ACTⅢまで合わせると単行本で70冊以上の大作になります。天才哀川を中心とした少数精鋭の瑞穂高校が全国制覇を目指すというストーリー。宿敵天王寺高校とぶつかるまで、県大会〜インターハイとそれぞれライバル校の描き方がうまいので、捨て試合が無いのが特徴と思います。大抵はどこかでだれるか、誰それ?ってなっちゃうんですけどね。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

その他のバスケ漫画

バスケ漫画はこの他にも名作がたくさんあります。別記事でまとめていますので、こちらからどうぞ⇩

おすすめバレーボール漫画

①『ハイキュー!!』/古舘春一(連載中)

宮城県の高校が舞台。小柄だが身体能力のあるミドルブロッカーと天才セッターによる誰も止められない速攻を武器に全国大会を目指す。主人公コンビだけでなく上級生のサブキャラにも努力と成長が見られたりするし、何と言っても試合展開が熱い。ジャンプ連載中作品の中でも最も勢いのある作品の一つ。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

②『神様のバレー』/渡辺ツルヤ,西崎泰正(連載中)

実業団の凄腕アナリストがひょんなことから、弱小中学バレー部の監督になるお話。バレーボールは現実の試合でも監督がタブレットとか持ってますけど、ただ分析するだけでなく相手の弱点や癖を付いて勝利していく様はお見事!と言いたくなる。熱血系ももちろん好きだけど、こういう漫画も熱くなれます。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

③『リベロ革命』/田中モトユキ(連載中)

中学時代はジャンプ力で身長の低さを補いアタッカーとして活躍していた主人公が、高校に入学し限界を知り、リベロに転向します。攻撃に参加できないリベロというポジションに焦点を当てたこと、どうしたら勝てるかを考える心理描写のシーンが多いことが特徴かなと思います。試合は燃える展開のものが多いので、バランスよく楽しめます。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

おすすめテニス漫画

①『ベイビーステップ』/勝木光(完結:47巻)

真面目で優等生な主人公が、ひょんなことからテニスの面白さに気づき、テニスプレイヤーとして次第に成長していく物語。優等生っぽくデータを積み上げて相手を攻略していくんですが、次第に結構根性論ありきの熱い展開もでてきて、スポーツマンらしく成長していくのが面白い。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

②『テニスの王子様』/許斐剛(完結:42巻)

散々テニヌとかバカに(?)されていますが、レギュラー決めのリーグ戦とか、序盤は普通に部活テニスしてます。個人的には氷帝戦までは感動ありのスポーツ漫画だと思っています。それ以降は、、ファンタジーバトル漫画かな。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

③『Happy!』/浦沢直樹(完結:23巻)

鬼才浦沢直樹によるスポーツ漫画。後ほど紹介する『YAWARA』と同じ女の子が主役のスポーツ漫画だが、そのヒロイン像は真逆。兄の借金をテニスの賞金で返済しようとする海野幸が、竜ヶ崎蝶子を初め様々な人々の妨害やバッシングを受けながらも奮闘していく。最後はスカッとする大逆転ありです。

その他浦沢直樹の名作たちはこちらからどうぞ⇩


おすすめボクシング漫画

①『あしたのジョー』/梶原一騎,ちばてつや(完結:20巻)

ちばてつやによるボクシング漫画。文字どおり血を沸騰させるような熱い試合の数々、ジョーと死闘を繰り広げる力石ら好敵手の存在、そして泪橋と丹下のおっちゃん。いつになっても色褪せることの無い名作です。

kidnleまとめ買いはこちらから⇩

その他ちばてつやの名作たちはこちらからどうぞ⇩

②『はじめの一歩』/森川ジョージ(連載中)

30年近く連載し続けているレジェンド漫画。ベストバウトは鷹村VSブライアン・ホークの世界戦。これが圧倒的に熱いですが、もちろん主人公の幕之内一歩の試合も名試合揃いです。個人的にはヴォルグ・ザンギエフ戦が好きです。ガゼルパンチかっけえ。

③『KATSU!』/あだち充(完結:16巻)

あだち充によるボクシング漫画。『タッチ』とかでもボクシングの描写は出てくるけど、野球以外でも人の動きを捉える線を引くのがうまいです。主人公の活樹が、父親の過去を知るあたりが面白い。血は争えないのか。

おすすめ柔道漫画

①『帯をギュッとね!』/河合克敏(完結:30巻)

マイナー競技で漫画を書かせたら天下一品の河合克敏による柔道漫画。笑えるシーンと真面目に熱いシーンの切り替えがうまい。後ほどあげる『モンキーターン』にも通じるけど、青春要素が程よい感じで作品を華やかにさせています。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

河合克敏作品は他にもマイナー競技を題材にした作品が複数有りますが、どれもめちゃめちゃおすすめです。こちらでまとめておりますのでどうぞ⇩

②『YAWARA!』/浦沢直樹(完結:29巻)

浦沢直樹による柔道漫画。普通の女の子でありたいと思いつつ、やがて自らの才能に気づいていき、アトランタ五輪への出場を目指していく。才能にも人気にも恵まれ、『happy!』とは真逆のヒロインだけど、別格の強さでライバルたちに一本勝ちしまくる姿は爽快そのもの。

その他のスポーツ漫画

ここからは、少しマイナーなスポーツを題材にしたスポーツ漫画を紹介していきます。マイナー競技だからといって侮るなかれ。傑作揃いです。

①『アイシールド21』/稲垣理一郎,村田雄介(完結:37巻)

アメリカンフットボールを題材にしたスポーツ漫画。パシリの主人公小早川セナが、RB(ランニングバック)として才能を開花させていく。アメフトは専門職の集まりであるということをしっかり体現できている。神龍寺戦のラストはスポーツ漫画全体でも屈指の激アツ展開

kindleまとめ買いはこちらから⇩

②『モンキーターン』/河合克敏(完結:30巻)

競艇というマイナースポーツを題材に青春・恋愛要素を絡めた傑作。レース漫画としても当時のルール解説を挟みながら圧倒的なクオリティの高さを誇ります。SGでの猛者との一騎打ちは胸熱。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

③『ピンポン』/松本大洋(完結:5巻)

卓球を題材にした松本大洋の漫画。ペコとスマイル、わずか5巻の中にそれぞれの才能と努力に対する姿勢だったり、挫折や苦悩と行った内面にも触れられていて、とても密度の濃い作品に仕上がっています。

kindleまとめ買いはこちらから⇩

④『弱虫ペダル』/渡辺航(連載中)

自転車競技を題材にしたスポーツ漫画。自転車ってほとんど知らなかったんですけど、エースを勝たせるために、山登りや平地を専門とする引き立て役みたいなのがいて、自己犠牲忍耐といった組織での役割を学べる素晴らしいスポーツなんだと思いました。インターハイは涙無しには読めません。

kidnleまとめ買いはこちらから⇩

⑤『あさひなぐ』/こざき亜衣(連載中)

薙刀(なぎなた)という超マイナーな競技を題材にした漫画。薙刀部なんてある高校の方が珍しいですよね。部活未経験の女の子が高校入学をきっかけに強くなりたい!という思いで薙刀部に入り、周りとともに成長していきます。部活動は体力だけでなく、精神も育まれるって本当その通りだと思うんですよね、最初はなよなよだった主人公が、明らかに中盤から顔つきも断然変わってきます。(画力が上がっただけかもしれない)

kidnleまとめ買いはこちらから⇩

⑥『ボールルームへようこそ』/竹内友(連載中)

社交ダンス(競技ダンス)をテーマに描かれた作品。社交ダンスと聞くとおじさまおばさまの趣味程度に感じるかもしれないけど、読むと印象が180度変わります。激しさと美しさが同居したスポーツなんだなと感じます。一人の少年が社交ダンスの持つ魅力に魅入られ、次第に「ハマっていく」様子がリアルに描かれています。

kidnleまとめ買いはこちらから⇩

終わりに

ここで紹介したスポーツ漫画は、心から読んでよかったと思えるものばかりです。本当はマイナー競技を中心に、もっと紹介したいところではあるんですが、またの機会とします。

おすすめ漫画のまとめ記事はこちらから⇩

電子書籍サイトのおすすめはこちらから⇩

スポンサーリンク
セントラル広告
セントラル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする